2017-06-15

琺瑯のお弁当箱のこと。

       IMG_0010 ○

            倉敷意匠計画室 琺瑯のお弁当箱
       
        お店で何度もリピートで入れていたこの琺瑯のお弁当箱
        製造は野田琺瑯さんのものです。
        琺瑯は汚れもきれいに落ち、黄ばみや匂いが残らず清潔に使えること。
        野田琺瑯さんの琺瑯は、国内最高品の耐酸性の高い釉薬を使われているので
        お漬け物などの保存容器にも使われているのも、よく知られていますね。
    
           このお弁当箱も毎日のお弁当に使っていても、
             次の世代まで使って頂けると思います。

           IMG_0013 honn

             それから話は余談になりますが
          倉敷意匠計画室さんのこのお弁当箱の紹介のカタログで
            だんなさんの実家で大正時代から製造していた 
        『朝日養素』もこのお弁当箱と一緒に載せてもらってました。
            雑貨屋さんや、カフェを始めるきっかけの一つは、
   このヨーソをお店で飲んで、アレンジ出来る様にして欲しいということがお店の始まりでした。
       
       そして雑貨屋さんとして始めて契約させてもらったのが倉敷意匠計画室さん。
             始めて挨拶に伺った時にヨーソを持って行ったのですが
        2006年からの分室カタログから、去年までのカタログに載せてもらってました。
         それもあってこのお弁当箱は、何度も入れさせてもらってました。

         IMG_0015 本2
       
               カタログも少し前の新しいのが、一冊残っています。


     IMG_0011 お弁当

        お店でもハードに使っているのでボコボコになっていますが
        琺瑯ならではの欠けやサビがとっても好きですね。 
        
        5月に出す予定でしたが、工事が入ったりたのでここでの紹介になりました。
        他とはちょっと違う琺瑯ならではのお弁当箱 お使いください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント