2016-05-21

ふらり[fula:Re]、それから。

       IMG_3285 来店
  
        お昼前にお店に電話があって、ジャムねずみを売っているお店ですか?
        と、お問い合わせがありました。 えぇっ^^お待ちしております。といい
        昼下がり、お電話くれたお客さまが来てくれました。
       
        いろんなジャムねずみを見て下さっており
        先週の『ふらり』見つけてくださり、気になりながら帰路につかれたとのことでした。

        奥さんがそれでも買っておけば良かったと、わざわざお店にいらしてくれました。
        なんと三次からだそうですよ。 とっても有り難い。。。

        先週はたまたま島根方面での美術館に行くのを検索されていたそうで
        『ふらり』を知られたそうです。

        うちも、どうしてジャムねずみを連れていったかというと
        ねずみ達が連れて行っておくれ〜というのと、
        七年前のふらりでもお世話になった貴子さんが、ジャムねずみの写真を撮ってのせてくれたのが
        嬉しかったので、里帰りを兼ねて?作って連れていきました。
   

        奥さんが選んでくれたのは、今度結婚される方への贈物だそうです。  
        男の方だそうで。 なんとも頼もしいじゃないの〜。
        せっかくなんで、今迄のアルバムでも見てってくださいなと。。。

        IMG_3286 選ぶ


        時々お客さまに、買われるとさみしくなりませんか?といわれますが、
        いえいえそんな事はありせん。 
        新しいお家に連れて帰ってもらうのが一番嬉しいです。
        とはいえ知ってもらえるようにPRは結構しては来たけれど
        押し売りのような感じで売ったことはなかったな。
        このねずみたちは綺麗に作ろうとか、かわいく作ろうとか全く思ってないんです。      
        ボロボロになった服で作ったものもあったりと、これ〜もらってくれん人おるんかいね?!
        と思うのもたくさんおりました。ただいつも一匹目から心をこめて作っているだけで。 
        今迄もそんなヘンテコリンなねずみを子どもたちが連れて帰ってくれたりと・・・ 
        感謝しかありません。

        
        IMG_3287 出発

                 ありがとうね。 
             丁寧でもないし、器用でもないし
    でも、針しごとしてなかったら、多分一生殻に籠った人生になってたと思うよ。


      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント